借金を含めた遺産の調べ方

相続にはマイナスの財産もある

四角い城壁遺産相続をする際には、被相続人がどのような種類の財産を残しているのかと言うことをしっかりと把握しておくようにします。
中には借金のようなマイナスの遺産が残されていることもあるので、正式に相続をする前に把握しておくことが大切です。

被相続人の債務を調べる方法

被相続人の債務を調べるためにはいくつかの方法があります。
本人が隠していても第3者が知ることができます。
その方法として保管書類や郵便物があります。

郵便物で調べる方法

身の回りの情報を集めることで借金の痕跡を調べることができます。
お金の借り入れを行うときには金銭消費賃借書というものをかわして契約が行われるようになっています。
この契約書を持っているというようなことになれば、借金の可能性が高くなります。
被相続人がなくなった場合には、この返済が滞ってしまうので督促状や重要書類などの郵便物が自宅に届くようになっています。
これらの書類を参考にして借金があるかないかを調べることができます。

預金通帳で調べる方法

またこのほかに被相続人の預金通帳で借金の痕跡を調べることができます。
銀行で通帳を記帳して定期的な引き落ちし焼き待った金額が引き出されているというようなことがあれば、借金をしている可能性が高くなります。
借金返済の事実として判断できる材料となります。

最終手段は個人信用情報の開示請求

しっかりとした証拠を得たいという場合には個人信用情報の開示請求をすることができます。
これは銀行や信用金庫などの公的金融機関やクレジットカード会社や消費者金融などで借金をすることで、個人信用情報機関に債務の記録が登録されるようになっています。
この情報を請求することを開示請求といいます。
開示請求ができるのは本人にだけとなっていますが、被相続人がなくなった場合には、戸籍謄本を個人信用情報機関に提出して相続人であることを証明すれば、開示請求をすることができます。