あなたは大丈夫?相続税の基礎知識について

相続税について知っていますか?

相続税対策という言葉を耳にしますが、実際に相続税に対して詳しい人は多くはありません。
ポイントは誰がどのくらいの金額をどのように手続きすれば相続できるのか、あるいは相続を放棄するのかと言う法律の決まりのことです。
このことをあまり理解していない人もいます。
これら聞き慣れない税金の基礎知識に関しては、いざというときのためにしっかりと把握しておくことが大切です。

相続税は基礎控除を超えた分にかかってくる

相続税の対象となっている申告義務のある人は、被相続人の正味の財産金額が、多い人だけです。
基礎控除を超えるために相続税が発生するのであり、この場合相続人は税の申告が必要になります。
基礎控除とはどのようなものかというと、5千万円に1千万円を足してそこに法定相続人の人数をかけたものとなります。

相続税の対象者はわずか5%以下です

この税金の申告が必要になるという人は、100人亡くなって4人から5人とされています。
また小規模宅地の評価が減少したり配偶者に対する税額の軽減などによって税金が発生しないというようなこともあります。
このように評価が下がったり税額控除に関しては、税金の申告をすることによって適用を受けることができます。
したがって申告をするということは非常に大切です。

遺産相続が少なくても役所での手続きは必要です

申告義務のある人は必ず行わなければいけませんが、申告義務がないという人も相続の手続きに関しては遺産分割協議の作成と名義変更が必要になるということを忘れないようにします。
気になる申告期限ですが、これは相続の開始があったことを知った日の次の日から10ヶ月以内となっています。
しかしこれはあくまでも期限となっているので、その前に申告や納税をしても大丈夫です。
申告期限までに遺産分割ができなかった場合でも、申告と納税をしなければいけないようになっています。
この提出先に関してはなくなった人の住所地を所管する税務署となっています。
ここで注意しなければいけないことは、相続人の住所地が提出先ではないということです。
間違えやすいポイントなのでご注意ください。