相続税の申告について

相続税の申告手続きについて

要塞の外観被相続人が亡くなったときには財産を相続しなければいけないようになっています。
この財産を受け取るときに必要になるのが相続税となります。
この税金に関しては申告をしなければいけないようになっていますが、どこに申告をすればいいのかわからないというような人もいます。

所在地の税務署に申告する

相続税の手続きは被相続人が亡くなったときの住所地を所管している税務署に申告書を提出することをまずは行います。
その後納税をするという流れになっていますが、この申告や納税には期限が設けられています。
相続開始を知った日の翌日から10ヶ月以内となっているので忘れないようにします。
また申告をするときには、相続をする人の住所がある税務署ではないということを理解しておきます。

申告時の必要書類について

申告の際にはいくつかの書類が必要になりますが、この書類は15表まであります。
たくさんあると考える人もいますが、この全てを提出しなければいけないと言うことではありません。
必要な表だけを書けばよいと言うことになっています。
相続や遺贈によって財産を取得する形となっていますが、この取得した財産や相続時精算課税の適用を受ける財産の合計金額が、基礎控除以下となっているときには、税金の申告をしなくても良いことになっています。
したがって納税の必要もありません。

申告することで控除も適用される

しかしこのときに注意しなければいけないことは、配偶者控除や小規模宅地などの評価減などの各種の申告をするというような場合には、申告をしなければ適用されることがありません。
また相続税がゼロというようなときでも、申告をする必要があります。
相続税の納付金額に関しては、遺産分割が決まらなければわかりません。
しかしこの協議が期限以内にまとまらなかったときには、遺産分割をしたということで各相続人が税金を支払い、正式に決まった後に過不足を精算するようにします。