相続税はこうして計算される

遺産相続の時の税金の計算方法

つい先日の大改正があったためか、近年稀にみる相続対策ブームですが、その肝心の税金はどうやって計算するのでしょうか。
 まず課税遺産総額を計算します。相続により財産を取得した全員分の課税対象となる財産を全部評価、合計します。相続開始前3年以内に贈与により取得した財産があれば、ここで加算します。相続時精算課税に対象になっている財産も同様です。そこから基礎控除額を控除して計算します。ちなみに今回の改正でこの基礎控除額が大幅に減額されたため相続対策ブームになっているほどです。

相続額とかかる税金をシミュレーション

 そうして出てきた課税遺産総額から法定相続人が法定相続分通りに財産を取得したとみなして、相続税の総額(実際の納付総額ではありません)を計算します。
 こうして算出した相続税の総額を実際の相続人の実際の取得割合に応じて案分します。それから各相続人のそれぞれの事情に応じた加算、減算がなされた後、最終的な納付税額が算出されます。

相続税は事情に応じて加算、減算されます

 ちなみに加算の例としては相続税の2割加算、これは財産を取得した者が配偶者や一親等の血族以外(孫など)の時になされます。
 減算の例としては配偶者の税額軽減、配偶者は相続財産の金額が法定相続分か1億6,000万円のどちらか大きい金額までなら税金がかからないようになっています。相続人が未成年者だったり障害者である場合にも10万円(特別障害者なら20万円)に一定の年数を乗じて計算した金額が控除されます。ここも今回改正がされた所で、昨年までは6万円(特別障害者は12万円)でした。
 それから相続開始前3年以内の贈与財産が加算されていた場合、この贈与に際に贈与税を払っている場合にはその分も控除されます(二重課税を防ぐため)。
 大まかな計算方法は以上ですが、他にも多くの判断に迷う特例が多数あります。少しでも迷ったら自己判断せずに税務署や税理士などの専門家に相談することをお勧めします。
 ”