アメリカ独立戦争以前の要塞のように家族の遺産を大切に守ります

なぜ遺産相続弁護士が求められるのか?

自分が築いた財産を誰に残すか?

崖の上の要塞自分が亡くなった時、自分の財産を誰に譲ろうかと考える人は多いものです。
終活と言って、自身の死後の事まで考えているシニア層が増えているからなのです。
人はいつか亡くなります。
その時に発生する遺産は誰かが相続するか、国に寄付をするという形を取ります。
しかし財産を持つ多くの方は、自分が亡くなる前に、遺言書のカタチで自分の意志を遺します。
遺言書は故人の遺志の表れであり、同時に死後の財産の処分方法なのです。

遺産にはプラスの遺産とマイナスの遺産があります。

故人が残した遺産を相続する前に、まずは遺産の中身を検証しなければなりません。
プラスの遺産とは預貯金や土地建物などの金銭的に価値のあるものを言います。
また、負の遺産とは借金などの負債の事を言います。
もしも亡くなった人にプラスの遺産があった時、その財産を相続すると言う人がほとんどでしょう。
しかし、中にはマイナスの遺産が遺されていることもあるのです。

相続する遺産の内容をしっかり吟味しましょう

トラブルを回避するためには、どのような人が相続を受けることが出来るのかを知っておく必要があります。
亡くなった人が事前に遺言書を書いていれば、遺産はその内容で譲られます。
しかし、法定相続人が異議を申し立て、遺留分を請求されることも考えておかなければなりません。
遺言状があるからと言ってすべてが解決される訳ではないのです。
個人の意思に沿いながらも、相続人の権利も守られているのです。

法定相続人とは誰の事でしょう

では、法定相続人とはどのような人を指すのでしょう。
それは法的に認められた相続人と言うことになります。
遺産として財産を譲るのは本人の考えで決まりますが、法律によっ権利を守られているのが法定相続人なのです。
もちろん法的に有効な遺言書が遺されていれば、親族でない方も遺産を相続することができます。

親族の関係性で優先順位が定められている

たとえば亡くなったのが自身の両親であれば自分自身も遺産を相続する対象となります。
また、未婚の兄弟が亡くなった場合も当てはまります。
相続には優先順位が定められており、その順位により相続をしていくのです。
とても複雑ではありますが誰に権利があるのかを知っておくことにより、遺産分割などが発生した時にもめることが少なくて済むのです。

遺産相続の争いを避けるために

遺産相続は、時として争いの原因となりがちですが、財産を残してくれた人への感謝の気持ちを忘れてはいけません。
トラブルを避けるためにも、遺産相続専門の弁護士に相談することをおすすめします。
弁護士は、このような事態を避けるために最大限のサポートをしてくれます。

最新の相続案件

  • yousai135

    相続税の申告について

    相続税の申告手続きについて 被相続人が亡くなったときには財産を相続しなければいけないようになっています。 この …

  • akaitou135

    遺産相続の話し合いについて

    法定相続人同士の話し合い 亡くなった人がたくさんの財産を残していても、少ない財産を残していても、残された財産に …

  • sikakui135

    借金を含めた遺産の調べ方

    相続にはマイナスの財産もある 遺産相続をする際には、被相続人がどのような種類の財産を残しているのかと言うことを …

  • aosorahata135

    相続税の節税対策について

    生前から相続税対策を始めよう 節税対策は税金を支払うなかで非常に重要なことになります。 それは少しでも金銭的な …